研究シーズ

Research Seeds

クラウドサービスを見通しよく構築し成長させる開発手法

研究者:今井敬吾

キーワード
クラウド、マイクロサービス、ソフトウェアテスト、モデル検査、型システム

株式会社ディー・エヌ・エー 品質管理部 SWET第一グループ

今井敬吾

元・金融系ソフトウェアエンジニア、現・計算機科学者が皆様のソフトウェアシステム構築をサポートします!

最近の研究テーマ

型推論とモデル検査の統合による並行分散システムの高信頼化
型システムに基づいたクラウドの高信頼化とドキュメント生成
タグレスなメタプログラミングによる多機種向けコード生成

研究概要

 

昨今のクラウドによるシステム構築において、個別機能を独立したマイクロサービスへと分解・還元し、個別かつアジャイルに開発する方法の効率性が注目されています。その一方で、システム全体の信頼性確保のためのテスト工数や、追加開発のための見通しのよい設計文書の確保が重要です。これを踏まえ、全ての基礎となる「ソースコード」を中心に据えたクラウドサービスの開発手法について研究しています。技術的な背景として、ソースコードを元にシステムを設計する形式的仕様記述やドメイン特化言語といった技法、静的型付きの関数型プログラミングの技法、通信プロトコルの抽象化であるセッション型システムの組合せにより、実運用コードに追随したドキュメント生成・ソフトウェア自動テスト・形式的(数学的)検証の「一石三鳥」を目指します。

産業界へのアピールポイント

  • ソースコードに複数の「意味」を付与し高付加価値化
  • ベースとなる技法:タグレスなメタプログラミング
  • 理論的背景「セッション型」による信頼性確保
  • ドメイン特化言語でのドキュメント生成/テスト自動化

実用化例・活用例

  • 単一コードからの多プラットフォーム向けサービス展開
    (金融業向け:Android、iPhone、Windows等)
  • 通信プロトコルDSLに基づくマイクロサービス間通信における、型ベースの早期の通信バグ発見の枠組み

分野で探す

研究シーズ検索に戻る

お問い合わせ

Contact us

航空宇宙生産技術開発センターへのお問い合わせは、
電話またはメールにて承っております。