その他お知らせ NEW

航空機生産技術に関する共同研究開始について Commencement of joint research on aircraft production technology

岐阜大学と名古屋大学が連携して活動する航空宇宙生産技術開発センターでは、 新たに三菱重工、川崎重工、SUBARUと共同で「持続可能な航空機生産に関する研究」を開始します。この研究は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の先導研究公募に応じ、採択されたもので、革新的な航空検査技術に関する内容になっています。
同センターではこの研究を契機として、上記共同研究各社、米国ボーイング社、およびボーイングジャパン社R&D部門とともに、航空機生産技術に関する研究コンソーシアムの2024年度内設立を目指しています。 このコンソーシアムは、労働人口、特に熟練技能者の減少に対応する研究開発として、自動化およびAI 活用を主なテーマとする予定です。

The Intelligent Production Technology Research & Development Center, a joint initiative of Gifu University and Nagoya University, will launch a new joint project, “Research on Sustainable Aircraft Production” in collaboration with Mitsubishi Heavy Industries, Kawasaki Heavy Industries, and SUBARU CORPORATION. This research was adopted in response to an open call for leading research by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) and is related to innovative aeronautical inspection technology.
The center aims to use this research as an opportunity to establish a research consortium on aircraft production technology by the end of FY2024, together with the above-mentioned joint research companies, Boeing of the United States, and the R&D division of Boeing Japan. The consortium's main themes will be the automation and the use of AI as R&D to cope with the declining workforce, especially in the skilled trades.

お問い合わせ

Contact us

航空宇宙生産技術開発センターへのお問い合わせは、
電話またはメールにて承っております。