研究シーズ

Research Seeds

画像とAIを駆使した自動化技術

研究者:佐藤 惇哉

キーワード
コンピュータビジョン、画像処理、進化計算、人工知能、自動化

岐阜大学 工学部 機械工学科 知能機械コース メカトロシステム工学講座

助教佐藤 惇哉

AIや進化計算を活用することで、コストが安く現場実装可能な画像技術の研究開発に取り組んでいます。

最近の研究テーマ

✦ AIを用いた画像検査の自動化
✦ 進化計算を活用したロボットによる作業の自動化

研究概要

人間による目視検査やものづくり作業をAIやロボットを駆使して自動化する研究をしています。性能だけを求めることにとどまらず、常にコストや現場実装を考慮した研究開発をしているのが特徴です。
最近は右図のように、AIを用いて画像中の異常領域を自動検出する研究に取り組んでいます。現在、この技術は世界で3番目の性能を誇っています。
下図は、IPMと呼ばれる多端子半導体を基盤に自動挿入するために開発した挿入機です。(株)アイシンとの共同研究により、100%の挿入成功率を達成しました。さらに進化計算と呼ばれる技術を導入することで、照明環境が変化しても100%の挿入成功率を維持することが可能となりました。

 

産業界へのアピールポイント

  • コストと現場実装を考慮した研究開発
  • AIなどの技術で人間の作業を軽減・省人化が可能
  • ロバストな現場環境で高精度な画像検査や自動化を実現

実用化例・活用例

  • 鍛造部品の傷の画像検査(アサヒフォージ(株) )
  • 画像による鍛造部品の計数(アサヒフォージ(株) )
  • 紙管巻の綾落ちの画像検査(宇部エクシモ(株))
  • IPM挿入機の開発((株)アイシン)
  • ワイヤーの撚り数の画像検査(ナブテスコ(株))

分野で探す

研究シーズ検索に戻る

お問い合わせ

Contact us

航空宇宙生産技術開発センターへのお問い合わせは、
電話またはメールにて承っております。